肌を傷めない

美しさの秘密

化粧品の種類は今の時代には非常に多くあります。
使用目的別に分けると、クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、クリーム、パック、また、アイクリームやリップクリーム、ネッククリームなど部位別の専用クリームもあります。
また、期待する効果別に分けると、保湿用、エイジングケア用、クレンジング用、紫外線防止、ピーリングなどがあげられます。
成分により大きく分けると、植物由来成分、動物由来成分、鉱物由来成分に分けることもできます。
この成分別の分類により、比較的高額な化粧品と手ごろな価格の化粧品に分けることができるようです。
一般的に、鉱物由来といえば、石油から作られるというイメージが強く、あまり良い印象を持たれていないことが多くなっています。
石油を原料としているので、植物や動物由来の成分より大量生産が可能になる分、価格は手ごろなものとなっていることがほとんどです。

近年は美白とエイジングケアが、基礎化粧品の主流となっています。
高齢化が進む日本の現状と関係があるということでしょう。
加齢により、肌のくすみやしみが増えていきますし、平均寿命が延び、健康ブームの現代では還暦でもまだ若いという印象の方が増えています。
つまり、エイジングケアを求める方が増えていくことになるわけです。
美白成分としては、コウジ酸やアルブチン、ビタミンC誘導体、高価な成分としてはプラセンタなどがあり、雪肌という表現がポピュラーなものとなってきています。
雪のように白く、透明感がある肌という意味で使われているようです。
このプラセンタは植物由来のものと動物由来のものがあり、動物由来のものも、馬、豚、羊、魚など種類があります。
プラセンタはサプリメントや化粧品と多岐にわたって使用されいて、美白だけではなく、エイジングケアとしても非常に人気のある成分となっています。
中でもヒトプラセンタは人由来ですから、効果が期待され、安全性も高いものですが、平成15年より医療用としてのみの使用となりました。

Copyright(c)2015 保湿美容液を使うことで肌に必要な保湿を維持する|潤いたいンジャー